読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Next Destination

2022年までに世界一周を目指す、カナダ留学帰り福岡女子の奮闘記

ボストン上陸!!!

f:id:nrs-tmmy:20161117111730p:plain

 

実は今日からボストンに上陸しています。

 

というのも、ボストンで行われるCFN主催のボストンキャリアフォーラム(通称 ボスキャリ)に参加するためです。

 

主な目的はもちろん就活ですが、ハーバード大学、MIT、クラムチャウダー、ロブスターロールと果たすべき観光目的(主に食)はたくさんあります。

 

正直なところ、たくさんアプライしてきたのですが、今のところ全落ちしています、、

ああ泣きたい。

 

世間一般で言われる「高学歴」に胡坐書きすぎたのかもしれません、、、。

当日得意の第一印象で勝負するしかありませんね、、、(笑)

 

金曜から行われる予定のボスキャリですが、早々と二日前に現地入りしすでに楽しい日々を送っています。

 

何より、今回最大の(私的)ビッグイベントは、初めてのユースホステル宿泊です!!

す憧れやったホステル滞在!!!めちゃめちゃいい雰囲気で、スタッフもフレンドリーやし、なによりインテリアが可愛い!!!

 

そしてボスキャリ期間ということもあって、日本人だらけなのはおもろい(笑)

 

一階のロビーの雰囲気がとても好きだったので、ボスキャリの準備をしてたんですが、いきなり

 

「ばりーーーーーん!!ぱーーーん!!」

って銃声みたいな音がなって、音の方を見たら、外から狂った男が大きな石を投げつけてました。みんな物陰に隠れて、もうほんとビックビク、、、汗

 

アメリカの薄暗さ?闇?みたいなのを感じた瞬間でした。。

いやあほんとに命の危機を感じた、、、。

 

とにかくこのアメリカ感を感じつつ、明日も一日楽しみたいと思います!!!

大事件の備忘録的ブログでした!!!

スマホの画面が割れちゃった!そんな時に行きたいおすすめのリペアショップ!

留学やワーホリは旅行ではないとよく言いますが、やはり日本とは違う景色をスマホでパシャパシャしたいですよね。

さらにトロントでは、TTC(メインの公共交通機関)の多くの駅でWi-Fiが使えるので、電車待ちの時間にケータイをいじることも多いのではないでしょうか。

 

それだけあなたのスマホは落として画面を割ってしまう危険にさらされている、と言っても過言ではありません。

f:id:nrs-tmmy:20160922085303j:plain

何を言いたいのかというと、私自身トロントに来て2回もケータイを落として画面をバキバキに割ってしまったということです。(2回目はさすがにこっちで覚えた世界各国の悪態を口走りそうなほどでした。)

 

今回はその2回の悲劇でお世話になった、おすすめのScreen Repair Shopを2件ご紹介したいと思います。

ちなみに私のスマホiphone5です。(もはや時代はiphone7ですが、、)

 

I Repair ca

f:id:nrs-tmmy:20160922085243j:plain

こちらはBathurst×collegeの交差点から徒歩5分ほどにある小さなリペアショップです。

 

上の写真のように外観は、営業しているのか不安になるほど地味なもので、私は何度もネットで確認してから入りました。(私にとっては生まれて初めての画面の交換です、たとえ日本でもドキドキなはず。)

お客さんが3人入ると一杯になってしまうのでは?というサイズ感とガラスのカウンターが特徴的な店内。優しいお兄さんが丁寧にケータイの状態をチェックしてくれ、こちらの英語レベルに合わせてゆっくりわかりやすい英語で説明してくれました。

・費用   CA$100

・所要時間 1時間

 

お店の外観とは裏腹に優しい接客と素早い対応で1時間後に戻った時には待たずにすぐ受け取ることができました。出来上がりの画面が元のiphoneより少し青みがかったスクリーンを使用していましたが、使っているうちにそんなこと忘れてしまうくらいの微妙な差です。

英語に不安を抱える身としては、店員さんの優しさは安心材料の一つですね。

494 College St and 2109 Yonge St. i repair.ca

 

Repair Store by Gamerama

f:id:nrs-tmmy:20160922085251j:plain

こちらは、subwayのyellow lineのFinch方面、Eglinton駅から徒歩10分ほどのところにあるリペアショップです。そう、外観は完全にジェラートのお店です。何度マップを確認してもここで、道には「Smart Phone Repair!!」の看板が出ていたので戸惑いながらも突入。

店内に入るとこんな光景が広がっています。

f:id:nrs-tmmy:20160922085247j:plain

先にあげた店に比べるとその規模は3倍ほどです。ここは店名からもわかるように、ゲーム店がやっているリペアショップです。

中は広く、一番奥が作業場のようで、筋骨隆々のお兄さんがこまごまとした作業を一人で黙々とこなしていました。

・価格   CA$75

・所要時間 5時間

 

今回のほうが割れ具合はひどく、基盤が少し見えているような状態だったのですが、それでも前回と比べてかなり費用を抑えることができました。出来上がりもとてもきれいで画面の感じは前回よりも自然なiphoneの状態に近く、ほぼ同じだと言えます。

ただ、最初言われていた待ち時間は3時間だったのに、受け取りに行くとまだ作業を始めてすらおらず、さらに1時間半待たされ、さらにその後店内で30分ほど待たなければいけませんでした。しかも受付のお兄さんと作業場のマッチョなお兄さんが、私のケータイについてケンカし始めたので居心地はあまりよくなかったです。

仕上がりと価格には大満足ですが、店員さんの対応は割とぶっきらぼうです。メインはやっぱりゲームだからかな?ゲーム好きな人は待ちながら楽しめるのでおすすめ。

2370 Yonge Street Repair Store by Gamerama

 

番外編

こういうところに頼むのはなんだか怖い、、、そんな人におすすめなのはやっぱりここ!

Apple Store

f:id:nrs-tmmy:20160922085313j:plain

トロントには2つApple Storeがありますが、一つはかなり郊外にあるので、おすすめは留学生御用達のEaton Centre(ダウンタウンにある大きなモール)内にある店舗です。

 

店員さんがカジュアルでとってもフレンドリーなところ、そして何といっても全て正規の取り扱いであるというところがApple Storeの魅力ではないでしょうか。

 

私も一度Apple Storeでの修理にトライしましたが、

・iphone7発売の前日で混み合っていたので店内で数時間待ち

・さらに処理を待つのに3~4時間待ち

・データが消える(バックアップをとってないと厳しい)

・CA$160とやや割高

という理由からこちらに頼むのは断念しました。しかし、接客と安心感はやはり抜群だったので、何を重視するかが最終判断材料になるかなと思います。

 200 Young Street   Apple Eaton Centre

もしも、トロントでケータイが壊れてしまった!というときはぜひこちらの記事を参考にしてみてください!英語で情報を探して、英語で修理をお願いするのは大変ですが、いい経験にもなるし、英語を話す自信を育てるのにもうってつけです!

 

何よりケータイは壊さないのが一番ですが、、、。

 

 

 

 

 

トロントに来て数日が経ち思うこと ―ホームステイ編―

トロントでの生活が始まって6日が経過しました。

授業が本格的に始まったのは火曜日なので、学校は今日で3日目でした。

 

カナダ(トロント)と日本は13時間の時差があり、真反対の時間を生きているので、家族や友人との連絡はわずかな時間にたくさんとりたいので、ケータイにかじりつくことも多いです。

 

エージェントに散々脅されていたホームステイですが、とっても素敵な家族の下で暮らすことができており、なんだよ某○○ジャー○○!と思いつつも、自分がラッキーなだけなのかな、、、と思ったり。

 

Mother

Father

Boy(7)

Girl(3)

Girl(2)

Mother's Younger Sister

と私の7人で一つの家に住んでいますがとても快適です。

フィリピン人の家庭で、とてもみんな暖かいです。移民なので、家族内のコミュニケーションはタガログ語だけど、全然気になりません。(これを苦情でいう人もいるのかもしれない)

 

・家がとてもきれい

・ごはんが口に合う

(というか私がエスニックフード好きなだけなのか?でも、味付けがタイ料理とかベトナム料理よりもとても日本的)

・家族が優しく接してくれるし、英語を使う環境を作ってくれる

・通学は45分弱だけどバスも地下鉄もとても使いやすい

 

と、ほんとにとても快適に過ごしています。

干渉もされないけど、放置されるわけでもない適度な距離感で、日本人にはとても過ごしやすいファミリーだと思います。

 

トロントの街自体は都会だけど、そんなに大きいわけではなく、機能がぎゅっと集中しているように思います。だから北米第三の都市といわれるのかな??

図書館は大きくてほんとにきれいで、たくさんの人が勉強してて、早くも私のお気に入りスポットになりました。

 

人種のモザイクとはよく言ったもので、バスに乗ってても、地下鉄にのってても、カフェにいても、図書館で勉強してても、本当に多種多様な人種・肌の色をした人がいます。ニューヨークですら、地域による人種の偏りを感じたのに、ここではほんとうに移民が生活を営んでいるんだなという実感が持てます。

これはひとつ、トロントを選んでよかったと思うこと。

 

今日、100のリストを振り返ってみたけど、気付かぬ間に5.6個達成できててちょっとうれしかった。

悩むこととか、焦ることも多い日々だけど、毎日が刺激的で、でもここで生活してる感があって本当に充実してる。

 

感じてることとか、ここで考えたことを

アウトプットして初めてそれが思考になるっていつかどこかで読んだから、ふと感じたこととかを少しずつ形にしていきたいなあと思う。

 

備忘録的な日記でした。

カナダ留学中にやりたい100のリスト

f:id:nrs-tmmy:20160606161352p:plain

 

いよいよ出発も6/18(土)と目前に迫っているので、カナダ留学中にやりたいこと100個をリストアップしてみました。

 

もとは私が、情報の発信の仕方を勝手に参考にさせていただいているブログ、doablogの管理人の方がアメリカ留学の際に作っていたものを見て、自分もモチベーション維持のために同じ方法を試してみようと考えていたものです。

 

調べてみるとたくさんの方が実践しているみたいで、「人生でやりたい100のリスト」というのが始まりのようです。

 

せっかく1年間、時間と多大なお金をかけてトロントに行くので、普通に過ごすだけではもったいないとほんとに感じています。

 

行ってみる、とか、やってみる、とかが多いけど、自分の努力が必要なものもたくさんあります!来年の3月には全部消せてたらいいなあ!!

それでは、スタート!!

 

「カナダ留学中にやりたい100のリスト」

 

1.ナイアガラの滝に行く(9/10、大学時代の友人がトロントに来ていたので一緒に行ってきました)

 

2.CNタワーに登る(6/20、学校初日に日本人の数人で行きました)

 

3.プリンスエドワード島に行く(10/8~10/10まで友人と共に行ってきました!!最高だった!!)

 

4.メイプルシロップの工房に行く

 

5.アイスホッケー観戦

 

6.メジャーリーグブルージェイズ)観戦(7/25 クラスメイト達と観に行ってきました!なんと相手はサンディエゴパドレス!伯父の住んでいる街のチームです!)

 

7.トロント国際映画祭に行く(9/8~9/18まで開催されていました!なんとアンハサウェイ様と写真をとることができました、、、涙)

 

8.紅葉を見に行く(10/22にTorontoの少し北側に位置するAlgonquin Provincial Parkに行きました!カナダの紅葉は本当に美しい!!)

 

9.モントリオールに行く

 

10.全員外国人の家でシェアハウス(現在、ロシア人、韓国人、カナディアンの3人のルームメイトと一応シェアに住んでいます。唯一会話があるのはロシア人の男の子だけ、、、)

 

11.NY、タイムズスクエアでカウントダウン(2016/12/31、ついにやり遂げました!!ずっと夢見ていたTimes Square でのカウントダウン!!14時間立ちっぱなしで待った後の最後の1分間は本当に素晴らしかった。これは改めて記事にしようと思います。)

 

12.NYでCafe Lalo に行く(これは半分クリア、っていう感じです。行ったのは行ったけど、あまりの人気で時間もなかったため、中でお茶をするのは断念、、、。写真だけ撮りました。ここで日本人のユーガットメール好きのご夫妻に遭遇、たくさん情報を教えていただきました。)

 

13.ボストンキャリアフォーラムで内定を一つゲットする(これは達成できていません。ボスキャリそのものには行きましたが、内定を取ることはできませんでした。)

 

14.ダンスレッスンに行く(こちらに来て2週間ほど経ってから、Lock,Waack,Salsaのレッスンに行きました!)

 

15.何か一つオーディションを受ける

 

16.ダンスのイベントに参加する(発表会とか)

 

17.国際恋愛する

 

18.ハリーポッターのFantastic Beastトロントの映画館で見る(11/22にトルコ人と日本人の友達と一緒にダンダススクエアのCineplexで鑑賞。やはりJ.K.ローリングは天才です。)

 

19.クラブに行く(二週目にかの有名なクロコダイルへ行きました!この経験もシェアしなきゃ、、、)

 

20.ホストファミリーと毎日10分以上は会話をする(ありがたいことにとても素敵なホストファミリーでいつも気にかけてくれて、たくさん話してくれました。お別れの時は本当にさみしかったです。)

 

21.ボランティアに参加する

 

22.ランニングの習慣をつける

 

23.ボストンでハーバード大学に行く(行きました!もはや観光地!ちょうど秋の暮れのシーズンで落ち葉がとてもきれいな時期に訪れることができました。)

 

24.ボストンでクラムチャウダーを食べる(トータルで最低3回は食べたと思います。そもそもクラムチャウダーが好きっていうのも相まって、こんなにたくさん食べましたが、ボストンのクラムチャウダーは本当に絶品です。)

 

25.外国人の親友をつくる

 

26.ビジネスでも通用する英語力を身に着ける

 

27.パーティーに行く(6/22 Wed 学校のアクティビティに参加しました でももっとformalなPartyに行きたいな)

 

28.ダンスパーティーに行く

 

29.日本の友達に手紙を出す(日本の友達には、クリスマスカードを兼ねた年賀状を出しました。)

 

30.メープルシロップを使った料理を覚える

 

31.トロントでミュージカルを見る

 

32.公園でピクニック(よくしています。とくにトロントは至る所に公園があるので、夏は一つのお楽しみと言えるでしょう!)

 

33.海辺で昼寝

 

34.モントリオールに行く

 

35.ハリーポッターを原書で全巻読む

 

36.トロントで働いている日本人に会う

 

37.コリアタウンに行く(行くも何も、大きな通りに突然コリアンレストランがたくさん出現します。それがトロントのコリアンタウン。韓国人の友人もたくさんいるので、韓国料理はよくみんなで食べに行きます。トロントは移民の街なので、どこの料理も一通り食べられます!私のお気に入りはギリシャ料理!)

 

38.スペイン語日常会話くらいはできるようになる

 

39.セント・ローレンス・マーケットで買い物(10月にトルコ人の友達と手巻き寿司パーティーをしたときに、サーモンを買いました。新鮮さが売りと聞きますが、味はまあ普通だったかな、、、。笑)

 

40.トロント図書館で勉強する(6/23 Thu Toronro Reference Libraryに早速行ってみました)

 

41.University of Torontoに潜り込む

 

42.University of Torontoの友達をつくる

 

43.ティムホートンに行く(6/20 学校初日に最寄りのティムホートンで朝コーヒー飲みました)

 

44.ティムホートンで読書(夏にTImでハリーポッターを一応読みましたが、Timは読書には向いていないカフェの一つだと思います、、、。TImについてもシェアせねば。)

 

45.セカンドカップに行く(正直less than I expectedでした、、、。)

 

46.セカンドカップで読書

 

47.字幕なしで映画を見れるようになる

 

48.ジャズダンスを再開する

 

49.なるべく自炊する

 

50.Casa Lomaに行く

 

51.NYでクリスマスを過ごす

 

52.TORONTOのオブジェの前で写真撮ってインスタにあげる(渡加してから一か月半かかりましたが、8/1に行くことができました!)

 

53.ブログを30記事以上書く

 

54.赤毛のアンを原書で読む

 

55.インターンする

 

56.BBQチキンウイングを食べる

 

57.学校の表彰を受ける

 

58.お母さんが来るまでにお店での会話はできるようになっておく

 

59.日本の文化を英語で紹介する

 

60.太らない

 

61.海に行くダウンタウンの東にある、Woodbine Beachに週一で行っていました。)

 

62.カウチサーフィンに挑戦してみる(宿泊はしていませんが、カウチサーフィンで出会った人々と一緒にカウントダウンに参加しました。)

 

63.湖で手漕ぎボートに乗る

 

64.アイスワインを飲む

 

65.凍った池でスケートをする

 

66.スキーをする

 

67.雪だるまをつくる

 

68.英語で友達に手紙を書く

 

69.インスタのフォロワーを500まで増やす

 

70.インスタをなるべく更新する

 

71.学校の宿題は必ずする

 

72.Waackingのレッスンを受ける(受けました!)

 

73.アーティストのライブに行く

 

74.ドレスアップして出掛ける

 

75.NYでミュージカルを見る(12/30にWickedのLotteryに当選し、2年前と同じ作品を見ることができました。2年前と比べて飛躍的に内容を理解できるようになっていて本当に感動しました。ウィキッドはストーリー、曲、ダンス、衣装、舞台セットのすべてが素晴らしいミュージカルです。)

 

76.英語の歌を理解できるようになる

 

77.友達をたくさん作る

 

78.教会に行く(6/19 2日目にホストファミリーのミサについていきました 想像と違ったけどアットホームでハッピーなミサでした)

 

79.イタリア人の料理を食べる

 

80.遊びに来た家族を案内する

 

81.ヨガをする

 

82.レギンス一枚で出歩く

 

83.いろんな国の人の宗教観を聞く

 

84.友達と一緒にリオオリンピック観戦

 

85.福岡の地下鉄並みに地下鉄を乗りこなすトロントの地下鉄はメインのラインが二つしかないので、乗りこなすなと言われるほうが難しいくらいです。)

 

86. YouTubeのチャンネルを作る

 

87.必ず毎日挨拶を欠かさない

 

88.pink berry みたいな量り売りのアイスを食べる

 

89.リトルイタリーでジェラートを食べる

 

90.韓国人の友達をつくる(1コマ目で一緒のナウンは日本が好きなとっても気さくな子!コリアンはめちゃめちゃいるから、これはとても簡単でした!)

 

91.ハグをする(到着したその日に、子どもたちとハグをしました)

 

92.知らない人から、SNSとかを通じて会いたいと言われる

 

93.You've got mailを字幕なしで見る

 

94.スモークサーモンを食べる

 

95.10か国以上の国籍の友人を作る

 

96.メープル街道をドライブ

 

97.バーに行く

 

98.スポーツバーでアイスホッケー観戦

 

99.カナダグースを買う

 

100.充実した1年間にする

 

101.フォーマルなパーティーに参加する

 

クリアできたらその日付とかをつけて棒線で消していきます!

ますます楽しみになってきた~♡

渡航後のブログをこうご期待♡

 

 

 

毎日書きます!

2016.05.31

今日は私の人生で記念すべき1日になります。

そう、1年ちょっと続けたバイトを今日で辞めるのです。

私といえば、大学の友達ならみんな知っていること

そう、バイトが続かないんです(笑)

いままで続いたバイトといえば、最長でUNIQLOの半年です。

ずっと続かなくて、甲斐性ないなて思ってたし、みんなにも心配されてました。

しかし、この私が、福岡でCity Bakeryに出会い、なんとみんなに惜しまれながら卒業することになりました!!!!

これって私の人生ではほんっとにすごいこと!!!

全然苦じゃなかったし、メンバーも悪い人1人もいなくて、すごい幸せな職場でした。

f:id:nrs-tmmy:20160531162933j:plain

初めて、達成感を持ってバイトを卒業できることをほんとに、噛み締めてます(笑)

1年後帰ってきたときにちゃんとありますよーに!(笑)

そう、私は6/18からカナダに1年間の語学留学に行きます。

そのためにバイトを卒業するのです。

将来に不安を感じてないわけじゃないし、みんなと違う選択をしたことを、いまは自信を持って言えないくらい、頑張れてないんです。

だから、何か、すこしでも自分の将来に役に立つことをしていきたいって思って、出発までの20日間で毎日ブログ書きます。

いまの思いとか、出来事、考えを記録しておいて、何か形にできればと思っています。

自分の中に渦巻いていることを形にしてこそそれは考え、ってどこかで読んだから

そんな、発信していける人になりたいです。

学生として最後の贅沢

2016.03.31

今日をもって、「大学生」という、現代の日本でもっとも自由な肩書きを名乗ることができなくなります。

明日から私は、「フリーター」になります。
そうです、旧帝大教育学部生からアルバイト生活へとシフトした人生が始まります。
確かに、6月までのつなぎとしてのアルバイターですが、やはり学生を終えて、社会人になってゆくみんなの姿を目の当たりにすると、フリーターであることへの恐怖や悔しさもゼロではありません。

ここで私に必要なことは、他のみんなより圧倒的に成長することだと思います。自分で自分の人生を見つめ、必要なことは何か考え、たくさんの力を身につける期間だと捉えています。

他のみんなより自由なんだから、時間がとれるんだから、この道を選ばなかったことを後悔する人がいるくらい、本気で頑張ろうと思います。

さて、そうした人生が始まるにあたって、私は1つやめなければならないことがあります。

それは、、、、





f:id:nrs-tmmy:20160331193852j:image



これです。
おやつタイム。

(笑)


私はカフェに寄ったり、ちょっと小腹を満たす、という行為が好きです。
好きというか、時間が空いたらすぐお店に入ってしまう癖が付いているように感じます。
きっと、この癖のおかげで、私は大学生の間に本当にシャレにならない額を買い食いに費やしてきていると思います😰

だから!まず!新しい人生の幕開けとして、この、プチ贅沢を卒業しようと思います。

これをやめることにより引き起こるメリット
・無駄遣いを減らすことができる
・太らない
・歩く量が増える→素敵な服や本に出会える可能性up

やめるほかないでしょう?

ここに費やすはずだったお金を貯めて、増えるはずだった体重を減らして、素敵な女性へと成長していきたいです💪

blog開設

2016年、どんな年にしましょう?

と考え始めて早3ヶ月!
もう1年の4分の1が終わりを迎えようとしています。
行く逃げる去るとはまさにこのことで、月日の流れには抗うことはできません。

永遠に続くと思っていた大学生活も3/25に終了してしまいました。

この先待っている人生を思うと胸の高鳴りに、はやる気持ちを抑えられません。

一浪して地方の国立大学に入学し、周りの友人は大手有名企業に就職していく中、私は一年の語学留学という進路を選択しました。

その選択が現実味を帯びてくると、やはりその先の怖さや緊張もありますが、まだ無限にある選択肢が私に残されていることは本当に喜ぶべきことです。

今の自分はいままでの自分の選択の上に成り立つ、とよく言いますが、その1つ1つの選択の過程を記録していけたら、と考え、このブログを開設することにしました。

f:id:nrs-tmmy:20160330165425j:image

このブログは、留学に至るまでの葛藤や経緯、実際の準備や留学中のお話、
また、これまで行った場所や楽しかった経験などを共有する場にしたいと考えています。

自分の進路を悩む誰かが、こんな選択もあるんだなと思ってもらえるようなそんなブログにしたいと思います。

堅苦しくなく、私らしく👍
毎日のハッピーを書き留めていきます。


2016.03.30